アジアカップ体験記vol.3 国立 和玖選手

FEATURES

アジアカップ体験記vol.3は主催者招待枠での参戦、国立 和玖選手。

現役ラストのレースとして参戦。先輩ライダーとは楽しそうにコミュニケーションを取り、後輩ライダーに対してはグリッド近くまで自ら一声の激励をかけに行ったり、アジア圏の選手からはサイン・写真攻めとレース以外でも慌ただしい二日間を過ごした和玖選手。集大成として望んだレースでの体験記は、必ず卒業を迎えるランバイクレースの特性上、全ての選手やご家族に参考になるのでは?

6歳クラス・OPENクラス 国立 和玖 選手

①大会・レースについての感想

最終順位 6歳クラス:優勝 , OPENクラス:2位

室内での開催のため、雨風気にすることなく、また暑さによる熱中症の心配もなく過ごせたので、選手、サポートする家族、小さなお子さんには良い環境だったと思います。

大会規模の大きさに驚いたと同時に中国でのランバイクに対する情熱を感じました。

 

②現地でのレース以外の過ごし方

前日は練習会に参加し、スリッピーな路面を先輩ライダーたちと楽しそうに走ってました。あとは海外選手と写真を撮ったり、国際交流もしながら、ホテルでは夏休みの宿題をするという過ごし方でした。

 

③アジアカップ後の変化について

今回のレースがワクのラストランとなり、ランバイク界での最後の思い出作りができました。これからはまたゼロからのスタートとなります。MotoGP 世界チャンピオンまでの道のりはまだまだ長いですが、ワクの可能性を信じてます。皆さんに応援してもらえるライダーに成長するよう親子で頑張ります。

ありがとうございました。

 

決勝動画 6歳クラス

6歳クラスA決勝 クニタテ ワク選手サトウ リュウヘイ選手

RunBike.chさんの投稿 2018年7月29日日曜日

決勝動画 OPENクラス

OPENクラスA決勝 タカヒラ リイチ選手カメオカ ヒカル選手クニタテ ワク選手シミズ カイセイ選手カメオカ ニコ選手ナカニシ アオイ選手ランバイクアジアカップラストレース!

RunBike.chさんの投稿 2018年7月29日日曜日

 

PHOTO by 秋葉 智之 https://m.facebook.com/Tomozo-Photography-1585081638422437/

 

RunBike.chは今後のワク選手の活躍を全力で応援・サポートしていきます。

ランバイクを全てのスポーツの始まりに。

ピックアップ記事

関連記事一覧