ノープレ論的コラムvol.3

FEATURES

筆者紹介
教育現場で3000名近い子供達と接してきた経験から、幼少期における「ランバイク」を子供達の成長にどのように活かしていくべきか?その1つの形として、不必要なプレッシャーを選手(子供達)に与えない「ノープレッシャー論」を発案。
ストライダーチーム 「TeamS」代表 兼 RCS専門「Team☆NP」なんでも係 日野元春氏

ノープレの奇跡②                                                                                             【SOUSUKE選手の涙・本当の意味】

2015年ストライダーWorldCup

☆5歳そうすけ選手編☆

 

2015年1月1日TeamS発足。

最初からブレなかったことがあります。

 

「最後まであきらめないで全力で走る」「勝者を讃える」

 

ということです。

 

これは、自身苦い経験がありますし、逆の立場で失礼なことをしてしまった経験があります。

 

自分のような・・・

そんな選手にはなってほしくない。

 

なので、ずっと言い続けてきました。

 

一生懸命レースして・・・

勝った選手には素直に「おめでとう」と言おう。

 

 

全力で走りきって負けたんだから、しょうがない。きっと自分よりたくさん練習してきたんだね。がんばったんだよ。

 

今度は負けないくらい練習して、勝つことができれば素敵だね!いっしょにまたがんばろう。

 

レース度にずっと伝えてきました。

 

 

 

そして地方レース優勝、RCSA決勝進出などを経て

アメリカへ。

 

 

前日のプラクティスから、実はもっと前から予想していました。

 

決勝は絶対に波乱が起こると。

 

自身のSNSでも書きました。

 

理由はいくつもあるのですが、

グリッド幅、コース幅、第1コーナーに向かってのシェイプ、バックストレート一般道のスリッピ―さ・・など。

 

全開で気持ちが入っている選手が5~6人も団子になったら絶対に転倒あるなと予想していました。

 

 

前日エントリーがされていない・・

当日グリッドにゼッケン番号がない・・

いろいろとイレギュラーはありましたが、

何とか予選は1位通過、そのままファイナルA決勝へ。

 

そして決勝。

 

スタート前に自身から、JAPANメンバーのお父さん全員に握手しにいきました。

言葉は交わしませんでしたが、気持ちは全員同じだったと思います。

 

そしてスタート!!

 

ストレートで4名が関係する多重クラッシュが発生。

後続選手の体、ストライダーが頭部を直撃したのを目撃しました。

 

 

「まずい!」と思い、現場に駆け付けようと・・・・しませんでした。

 

スタートから、ずっと見守り続けました。

 

始めから決めていました。

 

何があっても・・・クラッシュ、転倒などがあっても絶対に助けに行かない。

 

彼自身で最後までやらせようと、決めていました。

 

助けにいけば、もう少し早くリスタートできて順位はもう少しよかったかもしれません。

 

 

でも行きませんでした。

 

彼は必ず最後まで走りきれると信じていたからです。

 

・・・リスタート後、全力で走っていました。

 

 

最後のストレートに来て、初めて声をかけました。

 

「最後まで全力で走れ!」

 

ここでまさかのハイプレです。ウソです。

 

悔いの無いように、油断させないようにあえてキツイ言葉をかけました。

 

自身も後悔しないように。

 

ゴール、そのまま表彰式です。

 

彼はずっと厳しい表情で立っていました。

 

泣きそうな表情なのか、真剣な表情なのか。ぐっと我慢しているのが伝わってきました。

 

とても男らしく、誇らしい姿でした。

 

「勝者を讃える」ことを彼なりにやっていました。

 

 

表彰式が終わって表彰台メンバーに「おめでとう!」を伝えて、その場所を離れました。

 

 

「よく頑張ったな!」

自身、涙腺がすでに限界で。号泣しながら彼に伝えました。

 

「ありがとう!」と

彼も今まで我慢していたのか、思いっきり泣いていました。

 

「ソウスケのおかげでアメリカこれた。

本当にありがとう。楽しかったか?」

 

「みんなで決勝出れて楽しかった。」

 

「そうか。体痛いところないか?」

 

「ない。(後で両膝、腹部のダメージを確認)」

 

「(まだ泣いている彼)なんで泣いてるん?」

 

 

「かいせい君がころんでかわいそうやった。」

 

 

「!!??」

 

 

5歳の彼が言った一言がすべてを物語りました。

 

5歳でも、いや、アスリートだからもうすでにすべてわかってるんです。

 

自分より前にいた、速かった選手が転倒したことに心を痛めていました。

 

自分のことではなく。

 

5歳です・・・よ。

 

 

親の想像を超えた成長を

知らない間にしていました。

 

とてもとても優しいそうすけ選手。

 

最後まで全力で走り抜けた彼を

本当に誇りに思います。

 

 

実は、世界戦でストライダーを引退する可能性がありました。

本人とよく話し合ってきたからです。

RCS浜名湖以降、引っ越しなどで環境がかわり様々なバランスが崩れていました。

 

 

宿舎への帰り道、勇気をもって聞きました。

 

「ストライダーどうする?」

 

「絶対にやる!!」

 

5歳クラス最年少での出場。

妹よりも少し小さいトロフィーでしたが私自身にはとても大きく、立派に見えました。

 

 

最高で最幸の世界戦でした。

 

ありがとうございました!

 

 

ランバイクを全てのスポーツの始まりに。

ピックアップ記事

関連記事一覧