ノープレ論的コラムvol.9

FEATURES

筆者紹介
教育現場で3000名近い子供達と接してきた経験から、幼少期における「ランバイク」を子供達の成長にどのように活かしていくべきか?その1つの形として、不必要なプレッシャーを選手(子供達)に与えない「ノープレッシャー論」を発案。
ストライダーチーム 「TeamS」代表 兼 RCS専門「Team☆NP」なんでも係 日野元春氏

【ランバイク生活を振り返ってみて⑤】

2018年編  【自己実現へ最終章&女子選手を持つ親の悩み】 ~ソウスケ編~ 

小学校1年生後半からようやくペースがつかめてきました。 ワタクシサポーターも過去の反省を活かし、明確になってきたことがあります。

・分析のやり方(対相手選手ばかりではなく、「個」で正しく見るということ)

・練習も「個別」で必要な部位、量、負荷がある

・小学生以上はランバイクに乗る走行距離よりも優先すべきことがある 限られた時間の中でどうやって高めていくか。

この年齢になると、選手も様々なことがわかってきているので 大人都合や生産性のないトレーニングには「??」の リアクションをしてくれるようになります。 本当にアスリート軍団・・・RCSに挑戦している選手達には リスペクトしかありません。 ご縁をいただき、たくさんの練習会に参加させていただきながら 様々なご指導をいただき、ようやく「噛んで」きた2018年。 RCS富士ラウンドが大きな基点となりました。 (ここから引退レースまでB決勝以上を13ラウンド継続)

大雨のレース、予選からキレのある走りを連発してくれました。 圧巻はB決勝大外からのスタートダッシュ。 第一コーナー2位争いで侵入していきました。 初めて彼のレースで「鳥肌」が立った瞬間・・・ この前に塩尻で開催されたDRCで伏線がありました。 グリッド選び、ライン取り、戦略を彼自身が立てたのです。 「INグリッドから第1コーナーへ、自分のスペース空けて入るレースがしたい。うまくいけば優勝できると思う。」 そして有限実行、優勝してきました。 切磋琢磨してくれた仲間、ライバル選手達に感謝です!

そして、RCSではB決勝をコンスタントに走りきりながら、 ようやくシーズンラストのグラチャンで2年半ぶりにA決勝へ。 そして3年半ぶりにトラック表象へと繋がっていきました。 一度も「辞める」と言ったこともなく、親子二人三脚が始めてやりきれた 2018年シーズンでした。

そして最終目標、引退レースで表象台!の目標が明確になり ラストシーズンへ突入していきます。

 

~サアヤ編~

5歳クラスに入り、なかなか厳しいレースが続いていました。 彼女の強みは「長い真っ直ぐのストレートのび!」ということで、ありがとうございます、岡崎ラウンド!これでもか!というストレートが彼女にはまり、久しぶりにRCSポイントをゲットしました。 よく考えたら、この年にポイント獲得した女子は数人のみ・・・ 本当にすごいな!と思います。

兄と一緒に、サアヤも平日は千葉まで通い、この環境を妻がつくってくれました。 家族でやれていることに幸せと感謝の気持ちが沸いて来ます。

しかし・・・練習を頑張れば頑張るほど、厳しい問題が浮上してきました。 「オマタ問題」です。 パットつきのスパッツでもどうしても影響が出てしまう・・・ 練習後のお風呂が本当にかわいそうで、、、、、 でも彼女も「辞める」と言ったことは一度もありません。 この点は、日野家として誇れることだと思います。 一度も辞める、辞めたいということを選手が言ったことはありません。 一度も道具を蹴ったり、投げたり、乱暴に扱ったことはありません。 厳しい声かけをしたその日に、何故パパが怒ったか納得するまで 子供達がわかる言葉でフォローし続けました。 これは自信をもってやりきれたと思います。

すべては 「ランバイクをやってもらっている!」 と毎日考えていたからです。 「ランバイクをやらせている!」 ではないんです。 私達は選手達のおかげで、たくさんの感動をいただき 悔しい気持ちを共感でき、一生の仲間と出会うことができ 全国知らなかった土地へ行くことができ 家族ですばらいい時間を共有させてもらえています。 なので、「やってくれて、ありがとう!」なんです。

こう毎日思ってください。 いろんなもの、ことが一気によい方向に変わっていくでしょう。

さて次回は最終回です。 【2019年編 「血まみれのタオル」と「ステージから見えた景色」】 何のためにランバイクをやってもらっていますか? この答えを考えていただき、最終回をお待ちください。

 

ランバイクを全てのスポーツの始まりに。

PHOTO by 秋葉 智之 https://m.facebook.com/Tomozo-Photography-1585081638422437/

ピックアップ記事

関連記事一覧