RB.chコラム vol.1

FEATURES

トップ選手のレース直前ルーティーン

本日は、すでにレースを卒業した元トップ選手2人のレース直前ルーティーンを紹介します。

国立 和玖 選手


①毎朝必ずR1(ヨーグルト)を飲む
②レース日までに、耳鼻科で耳掃除をしっかりやる
③レース前にアミノ酸を摂取する
④レース前に家族で円陣をくむ
⑤スタート前にガッツポーズをする
→レースに勝つ自分をよりリアルにイメージするため
ヨシッ! と実際に声を出して行うのが大事
レース前のルーティーンではないですが、レース後に食べるものやお店はワク選手が決めていたようです。
また、レース後日には必ず整体に行き身体のメンテナンスを欠かさず行っていたそうです。

高平 理智 選手

①レースにむけた走り込み練習は1週間前まで
②軽い負荷の練習も3日前に終了
→疲労をレース当日に残さないため
土曜日レースの場合は木曜と金曜は完全休養
③前日の夜は炭水化物中心の食事でエネルギー補給
④レース当日はレース2時間前までに、
食事と静的ストレッチを終わらせる
→静的ストレッチをすることで、一時的に筋力が低下
するという考えから実施
食事についても、消化をする際にエネルギーを必要
とするため、レース時に走る事以外にエネルギーを
使わないという考えから実施

トップ選手であり続けた理由の一端が、
こういった準備に隠れていると感じます。
2家族それぞれアプローチの仕方が異なるため、
実際のルーティーンは異なりますが、
選手がベストを尽くせる環境作りの徹底
といった部分は共通していました。
参考にしてみては如何でしょうか。

ランバイクを全てのスポーツのはじまりに。
RunBike.ch

ピックアップ記事

関連記事一覧